Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
「ブログ日本200名山http://200meizan.jugem.jp/」のおまけ情報満載!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | | - | - |
小屋飯日記
雪に埋もれた大坐小屋で過ごした3連休の小屋飯日記いってみます。

1月9日(土)
山ごもりの前、長野インター近くのスーパーTsuruyaでしっかり買出し。
善光寺に初詣でをした後、近くの小菅亭の温かい天婦羅蕎麦で腹ごしらえ。
いざ、雪の国へ。

日が暮れるまで、雪下ろし。
夕飯は、きのこのオムレツと、なめこと豆腐の味噌汁、セロリのサラダ。
ル・クルーゼのほうろう鍋で炊いた、ちょっぴりおこげご飯と、11月に漬け込んだ野沢菜。
樽から出したばかりの野沢菜は、特別にうまいよ!
小屋夕飯220109 
翌10日。
朝飯は、雪下ろしが忙しく、夕飯とほとんど同じだったので省略。
雪下ろしが終わってほっとした遅い昼飯は、
残り飯と、冷蔵庫に残っていたピータンで、中華粥。
1パック299円のイチゴが、雪の中だとしみじみうまいんだよねえ。
小屋昼飯220110
スノーシューで巨木に会いに行った夜は、ストーブが仕上げてくれたビーフシチューを試食。
これは、我が家への土産に。
あとは、りんごとセロリのサラダに、青野菜の間引き菜(1袋98円)のサラダ。
料理に半分つぎ込んだ残りの赤ワインでまったり。
小屋夕飯220110
11日は、残りもの総動員。
ぱりっと温めたバケットのサンドイッチと、ビーフシチューとセロリサラダ。
朝から食うねえ。。
残ったセロリは、瓶詰めピクルスに。
小屋朝飯220111
小屋じまいは、結構時間がかかる。
掃除をしたり、水抜きをしたり、あっという間。
あわただしい昼は、持ってきた鏡餅の残りを焼いて、簡単に。
ちなみにこの器は、Bamboo先生の作品。
(ちょっとゆがんだ湯飲みはぼっち製デス)
小屋昼飯220111
小屋に鍵をかけ、クローバーのケーキをお土産にして、
さて、奥地君、帰りますか。
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
小屋飯!山飯!―ほうとうと朴葉味噌
ほうとうとほうば味噌211108Nabeちゃん一家を迎えにぎやかなREGAハウスの夜。
ぼっちがこの日のため育てた里芋で作る芋煮と、特製餃子をぱくぱく。

翌朝は、昨夜大量に作った餃子の皮を流用して、ほうとうを製作。
朝の散歩でひろった、朴の落ち葉を使い、飛騨の郷土料理朴葉味噌にも挑戦。

火吹く子211108REGAハウスには、火鉢や火吹き竹なんかもあって、カイトくん、ななみちゃんは、興味しんしん。
火吹きを初体験。


Nabeちゃん一家211108ちなみに、「REGAハウス」は鷲ヶ岳山麓の別荘地にあるんだけど、
ご近所を回ったら、「海人の家」「ななみ山荘」を発見。

Nabeちゃんちには、もうすぐ第3子が加わる予定。
来年の春、今回来られなかった、Akoさんにも声かけて、もっとにぎやかに山菜三昧したいね。
(ロ〜ロ)/

[ほうとうレシピ](4人前)
材料:強力粉200g、薄力粉20g、塩少々、熱湯180g、片栗粉(打ち粉)適宜
    味噌、だし、野菜(かぼちゃ、にんじん、ごぼう、ねぎ)、油揚げ、鶏肉

作り方:ゞ力粉と薄力粉を合わせてふるいにかけ、塩少々を入れる。
      熱湯を少しずつ加え指先で混ぜる。
     △櫃蹐櫃蹐両態になったら、かたまりにまとめ、力を込め百回くらいこねる。
     ラップを掛け1時間くらい寝かす。
     *ひも状にして、1.5cmくらいに切り、麺棒でのばすと、餃子の皮に。
      同じものをほうとうに流用できる。
     いいつかに切って、平らにのばし、荒い紐状に切る。
     イ世靴鬚箸蝓¬A垢鯑れる。ここに鶏肉、野菜を入れる。
       かぼちゃの甘味がポイント。後は適宜。
     Δ世い燭ざ颪煮えたら、い鯑れて茹でるとできあがり。

[朴葉味噌レシピ]
材料:朴葉、塩、アルミホイル
   味噌、みりん、胡麻油、ねぎ

作り方:)冤佞陵遒鼠佞鬚兇辰叛い、塩水につけて干しておく。
      (今回は朴葉を拾ってすぐ使ったのでこの工程は省略。)
     ∨冤佞10分程度水に浸しておく(燃えないように)。
     LA后Δ澆蠅鵝Ω嬲稾を混ぜておく。味噌はやや甘めのものがいい。
     い佑は小口切りに切っておく。
     ゲ佝の上に網を置き、アルミホイルを敷いた上に、△遼冤佞鮹屬。
      葉の上に味噌を乗せ、ねぎを盛る。
     焦げないように混ぜながら食べる。
     *きのこの刻んだものや、飛騨牛なんかを乗せるとゴージャス。
     *オニギリの具にしてもうまいよ! 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 00:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
安倍奥土産は安倍川餅
山伏と大無間山を登り終え、安部川に沿って静岡市内に戻ったのはもう日暮れ。
事故渋滞してる高速を避けて走る県道、
安倍川の橋のたもとに「あべ川もち かごや」の看板発見。
安倍奥の帰りに、安倍川餅かあ、風流だね。

10個とか、12個とか数を言うと、
おじさんが「はいよ! 餡は粒とこしと、どっちがいいかい?」って言いながら、
お櫃(ひつ)の餅を、ちぎって丸め、きな粉とか、あんこをまぶしてくれる。
そのうちに、兄さんや、おばさんもやって来て、てきぱき箱に詰めてくれた。

店の半分はのーんびり駄菓子屋風で、奥で子供たちがテレビを見ている。
Yさんは、ニッキ棒も買われてた。
「日持ちしないから、帰ったらすぐ食べてよ。」
丸めたて、包みたての安倍川餅は、まだほんのり暖かい。

家に帰って、安倍川餅の歴史を調べる。
東海道の安倍川たもとの茶店で休んだ徳川家康公、
茶店のおやじが、きな粉を安倍川上流で取れる砂金に見立て、つきたての餅にまぶし、
「安倍川の金な粉餅」と称して献上ところ、大層なお喜び。
安倍川にちなんで、安倍川もちと名付けたという伝承があるそうな。
きな粉の上に、江戸時代には貴重品だった白砂糖をまぶしたところも、人気のもとだったとか。

この言い伝えには、家康が、井川の笹山金山や梅ヶ島の日影沢金山などを御用金山として、経営していたことが背景になっているという。

今は、井川ダムの底になったという、笹山金山。
山奥に今も残る集落は、その名残でもあったんだなあ。。

安倍川餅211011
 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
山飯! 空きっ腹にコンビーフ炒飯

ペテガリ岳に向けて背負っていった食料は、カレー+レトルトご飯、牛丼+レトルトご飯、雑炊2回分、スパゲティーミートソース、そして行動食。

しかし、17日夕(カレー)、18日朝(雑炊)、昼(行動食)、夕(スパゲティ)、19日朝(雑炊)と食い尽くしていき、同日夕いったんペテカリ山荘に引き返した段階では、もしかしたら水が完全に引くだろう21日まで食いつながなくてはいけないかもって緊急事態。
最後の行動のために牛丼は温存しておこうとすると、19日の夕飯分として残るは、レトルトご飯1個!

この時、リュックの底から、コンピーフの缶を発見!
もしやと持ってきた、リビーの340gの大缶(明治屋の特売で350円)。

で、残ったレトルトご飯1個だけを使用して、4人前のチャーハンに挑戦!
Konちゃんのリュックに入っていた固形コンソメでスープまでできてしまった。
単純だけど、結構4人で分けても腹持ちがよくて大変うまかった。(空腹のせいかもね)
コンビーフご飯2109719

<材料>
コンビーフ缶(約120g)、ネギ2本(刻む)、レトルトご飯1個、塩・胡椒(あれば)

<作り方>
・フライパンでコンビーフ(100g)を、焦げ付かないように炒める。ネギも投入して炒める。
・5分ほど湯で暖めておいた、レトルトご飯を投入。あれば、塩コショウで味を調える。
・焦げ目が付いたらできあがり。ネギとコンビーフで画像のとおり結構かさが増えた。

・炒めた後のフライパンにお湯を入れ、コンソメ2個、ネギ、コンビーフ(20g)を投入。
・そのまま、スープとして飲んでもおいしかったし、チャーハンにかけるとクッパみたいでこれまた美味!

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
山飯! ― 栃尾の油揚げ
油揚げ定食210606守門岳から下山して、栃尾の町でOFF。
栃尾って確か、油揚げが有名だったよな…てな程度の予備知識で、国道沿いの道の駅に立ち寄り。
あるある、油揚げ定食。
さっそく注文。

道の駅の観光案内所で「あぶらげマップ」をもらう。
数えたら、川沿いのこじんまりした町に、なんと20くらい豆腐店や油揚店がある。
ここまでくると文化かも。

「豆撰」って店がうまそうだって聞いていたので、マップ片手に探す。
古い町並みは、雪をよけるアーケードのような「雁木」(がんぎ)がしつらえられて、なかなかのたたずまい。
でも、川の合流点で、しかも城山が背後に控えるから、地形が変則的で、マップを見ててもなかなか行き着けない。(山屋としちゃ、恥ずかしいデス。)

やっとたどり着いた豆撰は、格子戸がいい感じ。
せっかくだから、油揚げ3枚、揚げの煮物1枚、豆腐2丁、豆乳プリン6個を購入。
はっと気が付けば、2,000円あまり。近所の豆腐屋じゃ絶対しない買い物じゃん!
油揚げはしっかり濃い味でおいしかったから、いいけどー。

豆腐のうまさは、地元産の大豆と、そして守門岳からの雪解けのうまい水があってのこと。
小さいながら、凛と城下町の風情を残す町並みとともに、この味、ずっと心に残りそう。

JUGEMテーマ:趣味 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 22:51 | comments(0) | trackbacks(2) |
小屋飯!山飯! ― 横川駅の釜飯
5月17日、妙義山登山は雨でお流れになって、変わりに登った離山も7時過ぎには下山。
時間がたープリあるので、次回のチャレンジのために登山口だけは確認しておこうと、妙義山麓へ。

碓氷峠210517軽井沢から碓氷峠をたどる国道18号線。
雨に洗われた新緑の奥に、おお! みごとなレンガの橋。
長野県の軽井沢駅と群馬県の横川駅の「国鉄最急勾配」を結ぶアプト式鉄道の名残り。

廃線になったけど、近代産業遺産として橋は重要文化財にされている。
やや鉄のぼっちとしては、ありがた過ぎて、合掌してマシタ。


峠の釜飯210517峠を下ったところが、横川。
かつては峠を結んだこの駅が、長野新幹線ができて、今は信越線の終着駅となってしまった。
有名なおぎのやの「峠の釜飯」も、今は「終着駅の釜飯」?


駅前のこじんまりした食堂が、おぎのや本店。
ここまで来たら、本店で食べなきゃね。
8時開店のところ、7時55分から押しかけて釜飯食ってるおじさん4人組って。。
でも、できたてのあったかい釜飯って、格段にうまい。
しかも、掛け紙(ふたの上の紙のこと)が、善光寺御開帳記念デザイン。
またまた、合掌したくなりマシタ。

妙義山210517腹も一杯になったところで、向かう妙義山。
登山口として予定していた中之岳神社から、少し偵察。
神社までの階段が急なこと。
その上の轟岩まで上がったけど、雨天じゃ歯が立たないやって、すごすご。

きっと、このメンバーでチャレンジしましょうと、決意も新た。

JUGEMテーマ:趣味
 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 22:00 | comments(0) | trackbacks(7) |
小屋飯! ― 簡単おやきの作り方
長野の「おやき」って、焼いたり蒸したり大変。
ホットプレートで餃子みたいに作ったら、簡単にけっこううまくできた。
そのレシピを紹介。

長野市内のスーパーではごく普通に売ってる「おやきミックス」を使用したけど、
中力粉でもいいみたい(ベーキングパウダー少々を入れるともっといいデス)。

[材料]
皮:おやきミックス粉 500g 水 350cc

具:もともと残り物をおやつに変える信州人の知恵でできたもの。
  下は、今回作ってみたものだけど、なんでもチャレンジしてくだサイ。
  (1)野沢菜:一晩水に漬け塩抜きした野沢菜をごま油で炒め、砂糖、みりん、
          味噌で味付け。
  (2)まいたけ:粗く刻んで、サラダ油でいため、そばつゆの素で味付け。
    (3)葱豚味噌:豚肉・葱を細かく刻んでごま油でいため、砂糖、みりん、味噌で 
          味付け。
  (4)山菜:ヤブカンゾウを、茹でて、(3)と合わせる。
    *ヤブカンゾウなんてマイナーな山菜も、長野ではスーパーで売ってマス。
おやき材料210504
おやきのこね鉢は、長野勤務を記念して骨董屋で買った松代焼
今じゃ実用品。


[作り方](18個〜25個くらい分)
 (1)おやきミックス粉500gに水350gを少しずつ加えながらよく混ぜ合わせ、こねる。
   蕎麦みたいに神経質にやる必要はまったくなし。    
   これを丸くして、15分くらい休ませる。
 (2)(1)を丸い棒のように伸ばし、18〜25等分。これをのし棒で丸く伸ばす。
   具を詰める時、手で形を整えるので、あまり薄くする必要はない。
 (3)丸くした皮の真ん中に、具をスプーン1〜2杯分のせ、包む。
 (4)熱しておいたホットプレートに、油を引き、(3)を焼く。
   ヘルシーにするには油はなくてもいい。コクを出したければ多めに。
 (5)ひっくり返し、両面をきつね色にしたら、水を50ccくらい入れ、ふたをして、蒸し焼きに。
 (6)水がほとんどなくなったら、ふたを取る。
   水分が抜け、皮がパリッとするまで焼いたら、できあがり。

おやき210504
[ポイント]
 *蕎麦打ちなんかに比べたら簡単。
 *(4)〜(6)の焼き方は、餃子と同じ要領。
 *具は、炒め野菜、切り干し大根、おからなんて常備菜や、あんこもうまいっす。
   信州人は茄子を焼いて味噌を絡めたのも大好き。

JUGEMテーマ:趣味
 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 08:23 | comments(0) | trackbacks(7) |
小屋飯! ― 角煮カレーのレシピ
最近は「角煮カレー」ってレトルトでも売ってるようになったけど、
ぼっち20年来不変のレシピ、いってみます!

[材料](たぶん12皿分くらい)←そんなにいるかって?じゃ、半分でどうぞ。
豚あばら肉ブロック:800g、玉葱:中4、人参:3、きのこ類(マッシュルーム、ブナシメジなど)合計2パック、セロリ1本、カレーの素2箱,赤ワイン適宜、コンソメ2個、ローレル2枚、ニンニク2片、生姜1かけ、塩、コショウ、その他香辛料いろいろ(今回は、カルダモン、クミン)、サラダ油、水(カレーの素に表示された量:アバウト大なべ一杯)

[ポイント]
角煮なので、よく煮た大き目の肉がごろんと入っているのがミソ。
そのために、時間をかけて、豚の脂をしっかり落とすのがコツ。
煮込みに向いた厚手の鍋を使い、たくさん作るのがいいみたい。

[作り方]
(1)下ごしらえ:豚アバラ肉は大きめに切って、コショウを振っておく。
   玉葱、セロリは、適当に切る(どうせ形がなくなる)。
   人参はシチューみたいに櫛形に大きく切る。角を取ればさらに良し。
   きのこ類は、ばらして、好みの形に。
   ニンニク、生姜はみじん切りに。

肉を焼く201203(2)炒める:大きめのフライパンに、サラダ油を入れ中火で熱し、ニンニクをいれ香りを引き出す。
   肉をいれ、塩コショウしながら表面をかりっと焼く(肉汁を閉じ込める)。
   肉を取り出した後で、玉葱、人参、セロリを炒め、よく火が通ったら、きのこ、生姜も入れて炒め   る。
煮込みの状態201203(3)大きな厚手の鍋に、(2)の肉と野菜を入れる。フライパンにうまみが残っているので、これを使って水(お湯が理想)を鍋に入れる。ローリエと香辛料を入れて沸騰するまで加熱。
(4)アクが浮かんできたらしっかりすくう。コンソメと赤ワインを入れて、さらにアクをすくいながら25分煮る。
ストーブ201203(5)アクと脂が落ち着いてきたら、鍋に蓋をし、弱火で35分煮込む。
(6)いったん火を止めて、カレーの素を割りいれる。
(香辛料で1から作りたい人はドウゾ。)
ここで、香辛料、赤ワインを適宜追加。
(7)さらに弱火で20分煮る。
(8)火を止め、鍋を寝かせる。すると肉の脂が浮いてくるのでしっかりと取り去る。(←ここポイント。)

角煮カレー201203
(9)再度火を入これたらできあがり。





JUGEMテーマ:趣味
 
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
11月の小屋飯 ― かんたんリゾット
野沢菜漬けに忙しくて、小屋の夕飯は、日が落ちてから。
いまさら、お一人様でご飯炊くのもねえ(冷蔵庫をごそごそ)。

で、ありあわせで作った超簡単リゾットのレシピをご紹介。

<材料(2人分くらい)>
冷凍してあったご飯 
トマト水煮缶詰 半分
きのこ缶詰(昨年会津朝日岳に行った時購入)半分
ベーコン(冷凍2枚)
ウインナー(冷凍2本)
玉葱 半分
野沢温泉で作った温泉玉子
コンソメスープ 1個
白ワイン 少々
塩・コショウ 適宜

<作り方>
・冷凍ご飯は、解凍もかねて水洗い。
・鍋に水を入れ玉葱を薄切りにしたものと、コンソメスープを入れる。
・ベーコン、ウインナーも適当に切って鍋へ。
・ご飯を入れる。スープの量がご飯ひたひたになるくらいに調節。
・きのこの水煮を入れる。
・トマトの水煮を入れて、塩コショウで味を調える。
・煮上ったら、白ワインを入れる。
・器に盛り、上に温泉玉子を載せる。
材料さえそろえてあれば、大体調理時間は10分強。
これに、カブとベーコンの味噌・コンソメスープ。
白ワインをしみじみ。
秋ですねえ。
小屋飯!きのこリゾット
JUGEMテーマ:趣味



にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 22:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
「田舎屋」のほうとう
金峰山、瑞牆山は、紅葉も展望も最高。
でも「山飯」は、コンビニ飯とか菓子パンとか、ちょっとねえ。。

「里に下りたら、ほうとう食いたいねえ」
誰かが言ったら、もう登る頭の中でほうとうがぐるぐる。瑞牆山201019 

瑞牆山を下山して入った増富の湯で教えてもらった店は、のれんを外していた。
町の中じゃないし、ほか、なかなかないかもね。
観光案内所みたいなところで、駄目もとで尋ねたら、「ここから川上村に向かう途中に、田舎屋っておいしいほうとう屋がありますよ。こしらえるのに時間かかるから、電話しておきますね」って。
やったあ!
ほうとうの田舎屋201019
山あいののんびりした農村の辻にその店を発見。
おお! 瑞牆山が全山姿を現す、ナイスなロケーション。
ほうとうを注文して待つ間、店の外で山を眺めていたら、おやじさんが出てきて説明してくれる。
「私も若い頃は山が好きでねえ。金峰山は2999mで、皇紀2600年より1m低いだけだから、その頃はよく登られたもんだよ。」
それ言うなら2599m? おやじさんいくつかな。

おかみさんがほうとうをこしらえている間に、白菜の漬物や、豆の煮物を出してくれながら、いろいろ話してくれるおやじさん。
ロッククライミングの人たちも店の常連なんだそう。
そして「金峰山は、皇紀2600年より…」って、3回。「だいたい、山梨県人はおしゃべりなんだ」って弁解しながら。

出てきました。
「うちは農家だからね、かぼちゃもなんでも、自家製だよ。」
腰のある麺に、かぼちゃ、たまねぎ、じゃが芋、ニンジン。
そして椎茸がいい味出してる。

湯気に、はふはふしながら食べたほうとう。
もう、これは正真正銘甲州の味だった。
田舎屋のほうとう201019
JUGEMテーマ:趣味
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 小屋飯!山飯! | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |