Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
「ブログ日本200名山http://200meizan.jugem.jp/」のおまけ情報満載!
<< 鳩吹山(313.5m)〜継鹿尾山(273.1m)登山記録 | main | 氷ノ山(1,509.8m)登山記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | | - | - |
天狗岳(八ヶ岳連峰)登山記録
 <登山記録>
*山名:天狗岳(テングダケ:三角点のある西天狗岳(2,645.8m)、東天狗岳(2,640m))
*平成21年1月24日(土)、25日(日) 晴時々快晴 Ko,Tu,botti
*2万5千分の1地図: [蓼科] ←クリック
*行程(冬季・ゆったりペース、―:車、…:徒歩)
 24日:諏訪I.C.9:30―渋・御殿湯登山口11:30 …稜線(唐沢温泉からのルートと合流)…黒百合ヒュッテ13:05〜13:30 …中山峠13:40 …東天狗岳山頂14:45〜14:50 …中山峠…黒百合ヒュッテ15:20(泊)
 25日:黒百合ヒュッテ7:00 … 中山峠…東天狗岳山頂9:00 …(西ルート)…ヒュッテ9:40 …中山10:15 …高見石小屋12:00 …渋登山口13:40―(以下略) 
<本文←クリックしてください>
 
<メ モ>
○天狗岳には、冬季も標高約1900mの登山口、渋の湯までバスがあり、2時間ほどで標高2,400mの通年営業黒百合ヒュッテが利用できる。内陸部で晴天率も高いため、冬山の入門コースとして人気が高い。
○とは言っても、寒気は厳しく、天候の急変もある。無理のない計画を。
○積雪量・ラッセルのあるなしで、所要時間が大きく変わることも計算に入れて。

*渋・御殿湯の駐車場は、約20台。御殿湯に申し出て、鍵を預ける。1日あたり千円だった。
 相当な低温になる。下山したら車が動かなくなっていたなんてことに注意(目撃したゾ)。 
*御殿湯の前を通り過ぎ、砂防ダムの手前の橋を渡ると、右手の黒百合ヒュッテへのルートに入る(左手は、高見石小屋へのルート)。
*稜線までの登りに汗をかき、稜線に出ると唐沢鉱泉からのルートと合流。
 唐沢温泉からのルートは、夏は広く利用されているが、冬は踏み跡が少なかった。
*稜線の樹林帯は、シラビソ、コメツガ、トドマツなど。たんたんと進み、最後に少し登りになると、黒百合ヒュッテのある平に出る。ここから、北に天狗岳が望める。
天狗岳210125
*天狗岳へは、中山峠を経由するルートと、西側のガレ場を行くコースがある。少し西の方が長いが大して差はなし。
*黒百合ヒュッテは「質実剛健」っていった感じの小屋。

*中山峠から高見石小屋までのルートは夏だと約1時間20分。
 反対方向は約1時間40分で、ラッセルだと3時間くらいかかったって女性2人組が言ってた。
*高見石小屋も通年営業。裏手の「高見石」からは、凍った白駒池や、浅間山が。
高見石210125
*下山道は、小屋の横を通り過ぎ、しばらくで、白駒池との分岐を左手に取る。
*樹林帯の後、賽の河原と呼ばれるガレ場に。石の地蔵がある。
*河原を抜けると、冬は雪に埋もれた渓流沿いとなる。夏道は、増水時のエスケープルートが対岸にある。
*樹林帯を抜けると、渋の湯がもうすぐ。

JUGEMテーマ:趣味
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 日本200名山記録 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | 22:56 | - | - |









http://botti200.jugem.jp/trackback/122
碧ツーリスト添乗員の添乗日誌
ブログ拝見しました。興味深くてとても参考になりました 。またおじゃましますね。
| 碧ツーリスト添乗員の添乗日誌 | 2009/02/10 10:44 PM |