Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
「ブログ日本200名山http://200meizan.jugem.jp/」のおまけ情報満載!
<< 奥美濃とは | main | 龍仙山(402m)山行記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | | - | - |
「樹林の山旅」
森本次男氏は、教鞭をとるかたわら、京都の北山を登山の対象として紹介し、昭和13年に刊行された「京都北山と丹波高原」(朋文堂)は、広く読まれ、「北山の父」とも呼ばれているそうです。

そして、その後、奥美濃にも傾倒していき、昭和15年「樹林の山旅」を著しました。昭和40年(1965年)66歳で亡くなったらしい。

「樹林の山旅」の構成は次の通り。

はしがき/天魚の渓谷/人知らぬ谷々/国境の峠/忘れられた山々/漂泊の山旅人/親子巡礼/黄蘗(きはだ)の村/森林彷徨/岩壁の廻廊/芒の峠/泯びゆく峠/水上の村々/陰翳(かげ)深き山上の沼/傳説の高原/白銀の山稜/白き山脈(やまなみ)/雪の石徹白高原/奥美濃の足跡/後記


その一節をご紹介。

 私は私の山旅を『樹林の山旅』と呼ぶ。私の歩く周囲は自然生の七葉樹・山毛欅の巨木、そしてその間の雑林、渓も山原も稜線も大方は濃緑の樹林に蓋はれて、私は私の旅装が一日の終りには其の緑に染められ、青葉の香りがしみついて居るやうに思ふ時が多い。
 かえり見れば私が岩や氷の山々を見捨てて樹林の山旅を続けるようになって既に五、六年は経って居る。だが私は身の衰えを感じて、山行の形式を變へ、樹林の山へ逃げたのではない。岩や氷への闘志を失って此処へかくれて来たものでもない。(略)
 私は飄々として風に吹かれる如く時代錯誤的な感傷を旅嚢に満たして山村から山村へ峠の旅を続けて居るやうに感じられるかも知れない。かかる一日も私の山旅にはある。いやむしろ多いかも知れない。然し如何なる悪絶な谷に入っても、物凄い藪にぶつかっても安心して進むだけの闘志も労働力も備へて居る。そのうへ私をこの山旅に誘惑する所のものは、自分がその場へ達して見なければ、其処に就ての知識が得られない、と云ふ所にもある。
                            
                          「国境の峠」より
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 寄り道 | 00:07 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | 00:07 | - | - |
始めまして、京都在住のkawakitaともうします。

森本次男の「樹林の山旅」は何度も読み返しました。
私の山の原点です。
他の山は捨てて、奥美嚢一筋の山人生でした。
昨年は、姥ヶ岳に登りました。
| kawakita | 2011/01/05 4:58 PM |

オレの工ッ千が必要とされる時代wぱねェww
女もやっぱ欲しい時ってあるモンなんだな・・・
この前ガンバりすぎて失ネ申させちったから、今回は控えめにいこうww
http://2r6agvd.gim.uerock.net/
| ガトリング白銀 | 2011/01/12 2:38 AM |

正直甘く見てたよ、最初のうちは……
でも1回始まったら、これがもう強烈なアタックでね!
またたく間に、もう即・座・に限界キちゃったね!
http://rni-rem.fusa.yahoosearch.me/
| リンデル | 2011/01/17 9:55 PM |

お風呂で洗いっこ楽すぅぃぃぃぃ!!ヽ(*´ー`*)ノ
若い女の子にあんな体中さわられたの初めてだぜぇぇぇ!!

もー我慢できなくてベッドに戻るまでに3回もヤっちまった!!
これやってたら風 俗とか行く気なくなるわ(笑)
http://p-tsfnn.jp.mg999.info/p-tsfnn/
| 熊五郎 | 2011/04/09 12:10 AM |

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://rz4j8z1.x.ex-summer.net/rz4j8z1/
| カナ | 2011/08/27 3:38 AM |









http://botti200.jugem.jp/trackback/14