Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
「ブログ日本200名山http://200meizan.jugem.jp/」のおまけ情報満載!
<< 台湾の友人(2) | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | | - | - |
台湾の友人(3)
 21日は6時起きして、台中散歩に。
中正路と呼ばれるメインストリートを、とりあえず台中駅まで歩いてみようかと。

台中は、人口100万人あまり、台湾第3の都市。
ホテルのあたりは新市街で、日本より立派で儲かっていそうな「そごう」なんかがある。

221122台中商店街旧市街である台中駅に向かっていくと、道路は細くなり、なんとなくさえない、でも人間臭いエリアに。
ビンロウ売りや、屋台が並んで、時間をさかのぼるよう。

台中駅は1917年日本統治時代の建物。
駅弁が売っていたりして、「やや鉄」のぼっちは興味津津。
(ちなみに、馬総統は、駅弁愛好家で、1年に700個食べたこともあるとか。)


帰路は、メイン道路を外れ、屋台街なんかに入りこんでたら、
また、どんどんはぐれて、遭難しそうに。
2時間の長い散歩デシタ。

9時にSさんご夫婦が車で迎えにきてくださり、台中から内陸部に。
観光名所日月譚、文武廟を回る。
湖の見えるザ・ラルーというリゾートホテルの窓際の特等席を取っていただき、
鶏肉の紹興酒漬けとか、トンポーローとか、おいしくいただく。
(ずいぶん、奮発していただいたんだろうなあ。。感謝です。)
221121日月譚
帰路は、原住民の多い地域だったという、埔里で紹興酒工場に立ち寄り。
試飲もいいけど、ぼっち的には、熱帯樹に覆われた、あたりの山々が気になってしようがない。

台北に戻り、Sさんのご主人が経営する会社(防火扉を扱う個人企業デス)を見せていただき、大きくなった愛娘メメちゃんとも再会。

夕食は、Sさんも会長だったことのある日本語弁論会(?)の現会長である女性の蔡さんとそのご主人と合流してにぎやか。
蔡さんは、台湾キャノンにお勤めとか。
台湾は、女性の社会参加が進んでいて、みなさん自信にあふれておられる。
その分外食の機会が多く、それが雇用につながってる。
これからの日本も見習わなくては。

221121耕讀園夕食後は、耕讀園というコイの泳ぐ茶館で、Sさんの日本語教室の生徒さんと懇親会。
おいしい高山茶を味わいながら日本語で自己紹介。
みなさん教師とか企業戦士として働かれてきたインテリ層。
ゆっくりお話を伺えば、たくさんの人生経験を語って下さりそうな方ばかり。
ぼっち母が日本から持ってきたたくさんの色紙に、寄せ書きをしあって、みんなの記念品に。


ホテルに送っていただいたのは22時。
長い長い一日。

でも、もひとつ経験しておきたいことが。それは台湾マッサージ。
母を寝かしつけ、タクシーで深夜までやっている「金礦928」という店へ。
全身経路マッサージ60分というのをやってもらったけど、感想は「とにかく痛い」。
200名山疲れも取れたかな、なんて、ホテルに戻ったのでありました。

(その4につづく)
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 寄り道 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | 06:12 | - | - |









http://botti200.jugem.jp/trackback/167