Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
「ブログ日本200名山http://200meizan.jugem.jp/」のおまけ情報満載!
<< 今回の小屋飯です。 | main | 荒船山(1,422.5m)登山記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | | - | - |
猿ヶ馬場山(1,875m)登山記録
<登山記録>
*山名 猿ヶ馬場山 (サルガバンバヤマ)1,875m 日本300名山
    (三角点は1,827.4m)
*平成19年5月4日(金)快晴 Su,Ya,Ho
*2万5千分の1地図:平瀬
*行程(―:車、…:徒歩)
 白川郷荻町・荻町神社―林道入口(駐車)6:10…林道分岐点6:20…林道合流点8:00…砂防えん堤渡渉点8:15…わさび田跡8:30…1,528mアンテナ9:20…帰雲山(1,622m)9:55…猿ヶ馬場山11:30〜12:10…帰雲山13:00…渡渉点14:05…林道合流点14:20…林道入口15:10―(後略)
<本文←クリックしてください>
<メモ>
○かつては、登山道がない薮山で、日本300名山でも行きにくい山の一つだった。
平成に入り、宮谷の林道が順次整備され、現在は帰雲山から猿ヶ馬場山手前までルートが伸びた(平成12年版の国土地理院の地図には載っていないが、おおむね宮谷に沿っている)。
しかし、今でも、残雪期か、山スキーでないと登りにくいことに変わりはない。
道標などはまったくなく、山スキーヤーや登山者がつけた赤テープなどの目印を頼りに進むこととなる。帰雲山から猿ヶ馬場までの稜線はなだらかに広いので、霧の時など慎重に。

*世界遺産白川郷の荻町神社脇の宮谷林道に入ると、数台程度駐車できるスペースがある。そこに車を止め10分程進むと林道が分岐する。右手がメインの林道だが遠回りになるので左手の林道に折れる。途中、林道を外れる赤テープが見られるが、これは山スキー用の目印なので、入らない。
*林道の終点で、メインの林道と合流。ここからは平成に入って作られたしっかりした林道を進む。林道右手(西)の尾根に上がって進む人もあるようで、赤テープなど目印が林道脇に見られる。しかし、落石の危険があり、時間もかかるので、割り切ってしばし林道歩きの方がいい。
*えん堤のところで渡渉。増水時注意。渡渉はもう一箇所ある。
*川の右岸(東側)を登ると、わさび田の跡に出る。ルートはジグザグに稜線まで伸びている。稜線に出ると1528mの地点にアンテナがある。(積雪時は埋もれているかも)。
(途中、稜線に上がらないで、帰雲山の方向にもルートが延びているようだったが、確認していない。)
*稜線は、広く緩やかで、ブナやダケカンバのみごとな樹林帯。帰雲山にもアンテナ類あり。
 ここからいったん下降するが、左手(宮谷川)にそれてしまいそうになるので、猿ヶ馬場山へのルートを外さないようによく確認して。
*植生がシラビソに変わり、三角点1,827.4m地点に(今回は積雪で標石は確認できず)。
 さらに進むと、猿ヶ馬場山山頂。
 広いおおらかな山頂で、白山(百名山)、三方岩岳(300名山)、笈ヶ岳(200名山)、大笠山(300名山)、大門山(300名山)、人形山(300名山)、金剛堂山(200名山)、白木峰(300名山)などが一望のもと。

○俗化していない、日本らしい山の代表と言っていい。東海北陸自動車道がのびると、この静けさがいつまで保てられるか…、今のうちに訪れておきたい山。
○単独行、視界がきかない時は避けるべき。
(画像:山頂直前のシラビソの樹林帯を行く)
猿ヶ馬場山190504
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | 日本300名山記録 | 10:07 | comments(2) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
にほんブログ村 アウトドアブログへ←アウトドア系ブログいろいろ、クリックよろしく! | - | 10:07 | - | - |
立派な報告書が出来ましたね。写真も見事です。たんたんと書かれていて、同行した私も記憶がよみがえり、楽しく読まさせていただきました。
まさか2度(正しくは2度半)も登る山になるとは、思いもよらなかったが、今から考えると参加してよかったと思います。前回よりも天候がよく景色もよく観察できたから。
1度登った山には登りたくないのが人情ですが、数年経ってからまた登るのもよいものですね。今度はスキーで登りたいと思います。でも来年のことを言うと鬼が笑います。特に70歳にもなる老登山者にとっては。
| 鈴木茂三 | 2007/05/06 10:46 PM |
しげぞう 様

コメントありがとうございました。
今回は、偵察行も含めいろいろお世話になりました。
一期一会の山に、再度登るのは、確かに複雑ですね。
特に、猿ヶ馬場山のように「難しい山」の場合は。
ついつい先輩のご経験に頼って、ご無理申しました。
次回の計画、笊ヶ岳は、お互い初めてですよね。
食料などをなるべく担いで、体力でご恩返ししたいと思います。 またよろしく!




| ぼっち | 2007/05/08 10:34 PM |









http://botti200.jugem.jp/trackback/67
スキー、スノーボード、ソリなどの面白ハプニング映像集
スキー、スノーボード、ソリなどの面白ハプニング映像集私も何度も体験しているだけに大変さが伝わってきてこの瞬間が走馬灯のように頭の中を駆け巡るぅo(
| カメラ屋 店長のすべて話します。 | 2007/05/05 10:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/05 11:20 AM |
北海道の中でも駒ケ岳は火山で有名です
北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)は、北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる活火山。標高1,131mの美しい成層火山であり、渡島半島のランドマークとなっています。蝦夷駒ヶ岳(えぞこまがたけ)、渡島駒ヶ岳(おしまこまがたけ)、或いは単に駒ヶ岳とも呼ばれてい
| 北海道、札幌からの旅情報 | 2007/05/06 3:53 PM |
北海道七飯町大沼公園もありますので観光地としては有名です、また函館のベットタウンでもあります
七飯町(ななえちょう)は、北海道渡島支庁中部にある町です。町名の由来はアイヌ語の「ナムナイ」(冷たい川の意)よりきておるようです。面積 216.61km
| 北海道、札幌からの旅情報 | 2007/06/23 6:41 PM |
北海道鹿部町は、北海道でも珍しいしかべ間歇泉公園があります 温泉もたくさんありますよ
鹿部町(しかべちょう)は、北海道渡島支庁中部にある町です。町名の由来はアイヌ語の「シケルペ」(キハダのあるところの意)からきているようです。 一時期、野生の鷹の多さから「鷹待(たかまち)」と呼ばれ、鷹が幕府への献上品とされた時期もありました。面積 110.
| 北海道、札幌からの旅情報 | 2007/06/24 10:39 AM |
北海道の大沼公園は 意外と函館に近い観光名所です
札幌から函館まで、行くと函館の入り口というか、函館の少し手前に大沼公園があります。この大沼公園は、公園内に大沼と小沼があり、駒ケ岳の麓みたいなところにあります。この大沼公園は、駒ケ岳をバックして、春夏秋冬いろいろな景色を楽しむことが出来るところですね
| 北海道札幌から始まり全道の観光地、観光名所、市町村の情報紹介 | 2007/07/10 12:41 AM |
高速道路情報
高速道路情報
| 高速道路情報 | 2009/04/21 6:01 PM |